2007年08月13日

流星群とは

流星群とは、ほぼ毎年決まった時期に夜空の一点から
たくさんの流星が放射状に流れることを言います。
流星が流れてくるように見える一転(中心点)を
「放射点または輻射点」といいます。
その放射点がどこにあるかで流星群の名前が決まってきます。

また流星とは、宇宙空間に漂っているチリ(流星ダスト)が
地球の大気に突っ込んできたときに発光する現象です。
一般的には”流れ星”と呼ばれています。

流星群が毎年同じ時期に観測される理由としては、
彗星が太陽に近づいた際に流星のもとである流星ダストが
彗星の核から放出され彗星と似た軌道で太陽を回ります。
こうしてできた流星ダストの帯に地球が接近すると
流星ダストが地球の引力に引っ張られて大気に突入して
流星となります。
地球は太陽の周りを一年で一周するので、流星ダストの帯と
毎年ほぼ同じ時期に接近するため
流星群のピークは毎年ほぼ同じ時期になります。
【関連する記事】
posted by ペガサス流星拳 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51192122

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。